futana

blog

futanaの二年目

2019.1.4category:thinking

小さな人

たった一週間前の出来事だけれど、去年。

不思議な感覚ですが2018年の12月26日から4日間で小さな店主と2人ドライブ旅行に行ってきました。

船

意図していたわけではないのだけれど、結果的に瀬戸内をぐるりとする形で巡った4日間。冬特有のどっしりとした色の海から、きらきらと太陽を反射する眩しい海までいろいろな表情を見る事が出来て、2人して終始綺麗ね、幸せねと満たされた旅路でした。

鳴門大橋

瀬戸内

海

belk
一日目から隅々までお話ししたいのですがそれはまた別の日に。今日は最終日に訪れた兵庫県西脇市でのお話をさせていただきたいと思います。

sora

futanaの2018年最後の出会い。
それは、これから先のfutanaにとってとても大きな影響を受けるであろうものでした。
作り手と伝え手。立場は大きく違うけれど、滑らかで力強く流れるようにfutanaに浸透するその考え方行動力はまさに海のような存在。プライベートでの旅行の最終日にお伺い出来たのも必然というべきタイミングだったのだと改めて思います。

tamaki niime
tamaki niime ブランド
この1月から、futanaで新しくお取り扱いさせていただく事となりました。

 

 

始まり

前日に岡山は児島に泊まっていた私たちは昼前にtamaki niimeさんに到着しました。着くなりスタッフの方が案内してくださったのはtamaki niime内にある食堂みさきごはん。

みさきごはん
小さな店主と二人こちらでゆっくりと昼食をいただきました。スタッフの方だけでなく一般の方も食事ができるその場所は陽が気持ちよく入り緑が沢山で、入れ替わり立ち代わり来られるお客様と楽しそうに話すスタッフの方達。それはまるで大きなファミリーのようでした。初めての場所なのにとても居心地が良くていつまでもいたくなる温かさ。

場

昼食後案内していただいたtamaki niimeのものづくりの場所。本当に沢山の機械があって、単純にとてもびっくりしました。

力

レピア

パンチ

ジャガード

かま

ネーム

編み

糸

ホールガーメント

縫製

手機

力織機・レピア織機・ジャガード織り機・ネームを作る機械・撚りのテンションを替える機械・糸と糸をつなぐ機械・パンチカードを作る機械・吊り編み機・ホールガーメント機・大きな巻の糸から緯糸にする機械・染め窯・洗い場・裁断場・縫製場、まだまだ言い切れないほどの機械がありました。これだけの種類の機械が一つの場所に集まっているところってもしかしたら他にないのではないかしら。今はまだ試運転中という物を含めてしまえば、もうここだけでお洋服が本当に最初の段階から皆さんにお届けする形にまで仕上がってしまうのです。これは実はとてもすごい事です。


衣服は、とても小さい工程だけ見てもデザインをする人・服の設計図をつくる人・生地を裁断するところ・洗濯ネームを作るところ・ブランドネームを作るところ・縫製するところ・ニットなら編むところ・たたんで袋詰めするところと本当に沢山の人・場所を経て私達のところへやってきます。どの部分を自分でし、どの部分を他の人に任せようかというのはブランドによってさまざまですがそれはブランドの個性であり色であり、それを知るのは手にする者の楽しみ方の一つだとfutanaは思います。

勿論全てを知る事が難しい事も沢山あります。けれど、それがどこからきてどのようにして作られたのか。少しでもその流れを聞く事が出来たら、今までとは違った見方で服を楽しめるのではないかしら。そう思います。

糸

作り手が、糸のテンションが強すぎるからと撚りを替えて自分の思う強さに替える。その糸を使ってゆっくりと力織機で織られたストールは、織物のはずなのにニットのように柔らかくそしてなんとも言えない立体感を感じる。

人

作り手が欲しい色が無いから自分で欲しい色の糸に染める。そうして作られた糸を使って3メートル織るごとに違う糸色に替えて織られたストールは二つとない一枚に出来上がる。

手

誰かがいろいろな事を考え、楽しみ、向き合って作られたものは手にする者にも何らかの思いをくれる、そう思います。

必ずしも作り手と使い手の感じる思いが一緒ではないかもしれない。けれどそれもまた生み出されたものの冥利。生み出されるものは生み出した者の手を離れ、それを手にし楽しむ者がいて、初めてのものづくりが完結するのだとfutanaは感じています。

そしてfutanaはその間に立つ伝え手でありたい。作り手の思いを聞いて使い手にそれを伝え、更に使い手の思いもプラスしてものづくりを完結していけたらなんと幸せかしらと思います。

 

→

 

玉木さん

色糸

レピア2

 

futanaはものを作る事は出来ないけれど、ここでもまた、自分が良いと思い身につけたいと思う物を皆さんにお伝えしたいと常に思っています。一年を経て二年目も。この思いは変わらずに続けていきたいと思います。

菜子1

菜子2

菜子3

futanaでのtamaki niime最初のアイテムはストールたち。作り手tamaki niimeが感じている今を是非伝え手futanaで感じてみてください。

futana

ページの上部へ